貯めることを最優先にする

いつも自由に使えるお金が少ない時には、貯金をする範囲を更に広げていく必要があります。生活費が厳しい状況において、数ヶ月後に大きな買い物を想定しているなら家計簿をつけながら必要な金額に到達するまでの段取りをよく考えていくことが大事になります。

ここで重要なのは、お金を貯めることは将来の安定感が増していくので、貯金を全て使って必要な物を購入するときには、将来に必要なお金をを確保できるかどうかを考慮してから決断すべきです。

とりあえず何らかの商品を購入し、そこからお金を貯める事を考えると、中々予定していたようにお金を貯める事ができないことが多いのです。

交通事故に遭ったり、予定外に体調不良で病院に通院する日々が続いたり、その他予定外の出費が続いてしまうと、お金を貯めるどころではなくなってしまうのです。

将来に必要なお金を貯めるのは、何も買い物の予定がないときに集中すべきであり、購入する物を想定しながらお金を貯めると、購入した後にはそのお金も全てなくなってしまうという事になります。

手持ちの現金がなくなってしまうと、ローン会社などからお金を借入る必要がありますが、そのような状況になる前に対策できることが多くあります。必要な商品を購入するハードルを出来るだけ下げる事が重要であり、お金を貯めることを優先にしながら、買う物を決めていきます。

例えば、二十万円程度貯める事を目標にし、その金額までお金を貯めるまでは必要な物であったとしても極力我慢すると言う選択肢が可能です。

このように大きな金額を貯めるために日々努力を続けていけば、いつかは目標の金額までお金を貯める事ができるかもしれないし、その金額に到達する前に何かを買ってしまうと、また振り出しに戻ってしまいます。

お金を使うときのボーダーラインを自分で決めて、必要最低限の購入に抑えながら努力を続けていけば、やがて予定の金額までお金を貯める事ができるはずです。

広告